ハンディカラオケは、持ち運びに便利なコンパクトなサイズです。いつでもどこでもカラオケの練習をすることができます。カラオケを上達するために大切なことは、毎日練習することです。ときどき長時間練習するよりも、短時間でも毎日する方が効果的です。また最近のハンディカラオケは進化しており、新しい歌を加えられるようになっています。レーザディスクや固定式のカラオケだと、練習する場所が限定されます。しかしハンディカメラだと、自分の部屋に持っていったり、お出かけにもっていったりできるので重宝します。お花見やイベントが盛り上がる重要なツールだと言えるのではないでしょうか。せっかく歌うのですから、上手に歌いたいと思うのではないでしょうか。上手になるためには、原曲をよく聞くことが大切です。何度も聞くことで、抑揚やビブラートの入れ方を参考にすることができます。ものまねをする必要はありませんが、どこで息継ぎしているかをまねるとプロのように聞こえます。歌がきれいに聞こえるかを左右するのは、呼吸や息継ぎの仕方が関係しているからです。また歌の雰囲気にもよりますが、お腹から声が出るようにすると疲れず歌いやすくなります。カラオケの練習中は水分をこまめに補給するようにしましょう。水分をとらないまま喉を使っていると、痛めることもあります。もちろん練習する時間は良く選んで、ご近所から苦情が出ないようにすることは、守るべきマナーです。